表面分析受託サービス

ホーム表面分析受託サービス > 不純物分析:LA-ICP/MS(レーザー照射型 誘導結合プラズマ質量分析)

LA-ICP/MS (レーザー照射型 誘導結合プラズマ質量分析)

Analytical Resolution versus Detection Limit

LA-ICP/MSの原理

固体試料に対しレーザーを照射し、そのエネルギーで照射部分を蒸発・微粒子化させる。

LA-ICP/MSの原理図

LA-ICP/MSの特徴

  • 微量レベルから主成分に近い高濃度レベルまでの測定が可能。
  • 周期律表の大部分の元素の測定が可能。(例外元素;C, N, O, F, Ne, Cl, Ar, Br, Kr, Tc, Xe, Pm,Po, At, Rn, Fr, Ra, Ac, Pa)
  • 試料全体を溶液化できない場合、または局部的に測定したい場合に有効。
  • 深さ方向分解能:~1μm
  • 前処理を必要とせず、非破壊に近い測定が可能。

LA-ICP/MSによるラインスキャン分析

LA-ICP/MSによるラインスキャン分析図

LA-ICP/MSによる内包成分分析

LA-ICP/MSによる内包成分分析
Pagetop
お問い合わせ方法
Copyrights (C) 2016 Nano Science Corporation. All Rights Reserved.プライバシーポリシー