表面分析受託サービス

ホーム表面分析受託サービス > 不純物分析:IGA(ガス成分分析)

IGA (ガス成分分析)

Analytical Resolution versus Detection Limit

ガス成分分析の原理

写真高温の坩堝内で試料を燃料と共に燃焼し急速に加熱し
揮発性物質へと変換する。

  • 炭素と硫黄は、燃焼及び赤外線検知によって評価
  • 窒素と酸素及び水素は、不活性ガス融合によって評価
  • 窒素と水素は、熱伝導率を用いて検出する。
  • 酸素は、赤外線検出器によって検出する。
ガス成分分析分析原理図

測定対象試料

  • 金属、合金
  • Si/SiC混合品
  • 貴金属材料
  • CdTe
  • 黒鉛
  • 各種セラミックス

分析応用事例

  • 鉄鋼材料及び炭素化合物中の遊離炭素量評価 (ISO 3908)
  • Mg及びMg合金試料中の酸素濃度評価
Pagetop
お問い合わせ方法
Copyrights (C) 2016 Nano Science Corporation. All Rights Reserved.プライバシーポリシー