分析豆知識

ホーム分析豆知識 > XRD分析の豆知識【XRDはこんな用途に便利な手法です-4:定量分析】
お問い合わせ方法

XRDはこんな用途に便利な手法です-4:定量分析

XRDで最も利用頻度が高い評価方法は、相同定となり、定性的な評価方法としての使われかたとなります。しかしながら、XRDでは定量分析も行うことが可能です。

歯科用セラミックス材料の定量分析例

定性分析を行ったあと、データベースとの照合により、WPF(Whole Pattern Fitting)法により解析を行います。この方法は、各相の比率を求める手法であり、個別の元素濃度の定量ではない点に、ご注意ください。XRDのチャートの解析より比較的簡便に行える方法ですが、試料がきわめて強い配向性を持つ場合などは誤差が大きくなるため注意が必要な点もあります。

グラフ
Pagetop
Copyrights (C) Nano Science Corporation. All Rights Reserved.プライバシーポリシー