産業別分析事例紹介

ホーム > 産業別分析事例紹介:自動車産業

自動車産業

イメージ画像EAGは、非常に広範囲の異なるエリアおよび応用分野で自動車産業にサービスを提供します。
私たちが自動業界のサプライ・チェーンで積極的に従事するエリアは塗装、ガラス、照明、燃料および燃料添加剤、バッテリー、エンジン、および動力伝達系路部品および触媒を含んでいます。多くの場合において、材料評価の専門知識は新素材、部品およびプロセスの研究開発を支援するのに非常に役立ちます。また、自動車製造での発展や新素材開発にも役立ちます。EAGはこのプロセスにおける会社を支援するために存在しています。
私たちは、分析器械を全てもっているわけではない企業や、また、特定のプロジェクトもしくは分析のうちのいくつかを外部委託したい、設備の整った会社のための外部研究所として、分析サービスを引き受けます。高度に規制された産業を支援するために、正確な品質システムを設置していることは重要です。EAGは、ISO 9001およびISO 17025の認証を受けており、高品質な分析サービスを提供しております。

主な分析サービス内容

  • 合金材料の分析: ICP-OES, XRF
  • 金属材料及び合金中の微量不純物分析: GDMS, ICP-MS, IGA
  • 触媒の評価: SEM, TEM, Auger, XRD, TOF-SIMS
  • ガラス及びガラス基板上先端コーティング膜の評価: XPS, SIMS, SEM, TEM
  • 潤滑剤、燃料および燃料添加剤の調査 GC-MS, FTIR, Raman, TOF-SIMS
  • 塗膜の分析: SEM, TOF-SIMS, XPS, XRD, Thermal analysis
  • 光学材料(LEDなど)の評価 : SIMS, TEM, FIB imaging
  • プラスチック材料及びポリマー材料の分析: FTIR, Raman, GC-MS, TOF-SIMS, XPS
  • 燃料電池材料及びリチウムイオン二次電池材料の評価:GDMS,AES,SEM,TEM
  • ゴムやタイヤの材料評価

関連資料

<日本語ページ>

Pagetop
お問い合わせ方法
Copyrights (C) 2016 Nano Science Corporation. All Rights Reserved.プライバシーポリシー