産業別分析事例紹介

ホーム産業別分析事例紹介:太陽電池 > 薄膜アモルファスSi(α-Si)微結晶Si(μc-Si)太陽電池評価

太陽電池:薄膜アモルファスSi(α-Si)微結晶Si(μc-Si)太陽電池評価

アモルファスSi (α-Si)、微結晶Si (μc-Si)、ナノ微結晶Si (nc-Si)、アモルファスSiGe (α-SiGe)及び微結晶SiC (μc-SiC)などのHを含有した薄膜材料からは、薄膜α-Si構造の太陽電池や複雑なタンデム構造及び多重接合の薄膜多層構造太陽電池が作られます。
薄膜α-Si太陽電池は、古くから商品化された太陽電池構造の一つですが、光照射による変換効率の劣化が懸念されています。他の薄膜多層太陽電池では、光照射による変換効率の劣化の抑制と多くの太陽光スペクトルを取り込むことによる特性の向上が企てられています。薄膜多層太陽電池の改良により、変換効率10%に向けて特性が改善され、信頼性の向上と均一で大面積な製品が開発されています。

下記のα-Si太陽電池の構造図には、表面分析を用いて評価が可能な項目が示されています。

薄膜アモルファスSi(α-Si)微結晶Si(μc-Si)太陽電池評価
Pagetop
お問い合わせ方法
Copyrights (C) 2016 Nano Science Corporation. All Rights Reserved.プライバシーポリシー